RECRUIT

― 内定者の声 ―


・就活サイトや就活コミュニティ、大学の就活資料室など。

・時々、合同説明会に行き、自分が他に目を向けてこなかった業界はないか確認しました。

・OB訪問や会社見学で社員の方から直接お話を伺いました。


・自分が働いている姿が明確に浮かんでくること。

・地元密着!

・説明会で感じられた会社の雰囲気、選考が人物重視であること。

・やりたいことができるか。

・多くの人と接する仕事。

・就職後のライフプランとつなげられるか。

・会社の企業理念に共感できるか。

・スポーツに携われること。


・小さいころから、参加したイベントには必ず山陽新聞社が関わっていたから。

・説明会やOB訪問で、社員の方の仕事に対する熱意の高さを感じたから。

・記事の雰囲気やスタイルが他紙に比べて好きだったから。

・自分の関心のあるテーマに力を入れていたから。

・他紙に比べ、より多くの紙面を割いて地元の情報を伝えているから。

・岡山に縁もゆかりもないけれど、岡山を訪れた際に土地に魅力を感じたから。

・説明会で仕事内容を聞き、新聞社での営業職に魅力を感じたから。

・自分の全く知らない土地で新しいことを始めたかったから。

・地元岡山に貢献できるし、社員の方の雰囲気が良かったから。


・ありのままを表現する。嘘をつかない。形式にとらわれすぎない。

・友人やキャリアセンターの方など、第三者に見てもらいました。

・それぞれの設問にエピソードを盛り込みました。

・あまり字がきれいでないけれど、とにかく丁寧に書きました。


試験対策


・「マスコミ模試」や「ニュース検定」を受け、漢字は「マスコミ漢字」で勉強しました。

・山陽新聞を毎日読みました。

・「新聞ダイジェスト」を読みました。

・常にアンテナを張り、さまざまなことに好奇心をもって情報を入手しました。


・面接では面接官の顔をずっと見るよう心掛け、作文は月に3、4本書いて書き方を覚えました。

・新聞を丁寧に読み、日ごろから自分の考えを言えるようにしました。

・作文は新聞記者経験のある大学教員に添削をお願いしました。

・ノートに自分の考えや経験をまとめ、面接で話せるようにしました。作文は通信添削を利用しました。

・大学図書館に「山陽新聞」がなかったので、国会図書館に通って読みました。作文は定期的に書き、友人や知り合いの記者に添削してもらいました。

・マスコミ志望者同士で作文会をしました。

・毎週4千字書く講義を進んで受講し、本にたくさん目を通しました。


・大事な面接の前は髪を切り、スーツと靴はきれいにするなど、当たり前のことをしました。

・山陽新聞の電子版をスマートフォンで読み、気になる記事をスクリーンショットで保存しました。空いた時間に手軽に読み返せて有効でした。

・意識的にリラックスし、笑顔で面接に臨みました。

・気になる新聞記事をスクラップして自分の意見を書くことを習慣化しました。

・大学のジャーナリズム勉強会に所属していました。

・就職活動中も息抜きは大切にしました(おいしいものを食べる、友達と話す、写真を撮りに行くなど)。


・和やかでした。でも、するどく突っ込まれることも多々ありました。

・面接官の方が雑談のように質問をしてくださったので、緊張がほぐれてよかったです。

・1次面接から個人だったので、「私」をしっかり見てもらえました。

・最終面接は緊張しましたが、控室で社員の方がいろいろとお話ししてくださり、緊張しすぎずに受けることができました。

・しっかりと話を聞いてくださる印象。なぜ地方の新聞社で働きたいのかを明確にしておく必要があると思いました。


・どのような記者になりたいか。1次面接と最終面接で聞かれました。

・関心のある社会のテーマ、今日の気になるニュースなど。

・なぜ岡山で記者をしたいのか。入社して取り組みたいテーマ。記者とは。

・縁もゆかりもない岡山で、なぜ働きたいのか。

・自分の場合は他社から内々定をいただいていたので、「どうして山陽新聞の営業がいいの?」という質問が印象に残っています。

・なぜ岡山なのか、岡山に移住する覚悟はあるのか、何度も聞かれました。


・新聞を毎日読んでいれば解答できます。

・岡山県に関する問題が特に難しかったです。

・設問の難易度は高いとは思いませんでしたが、制限時間に余裕がありませんでした。


山陽新聞を毎日読むことが一番。岡山のニュースが豊富に掲載されているので筆記試験の岡山にまつわる問題も解けるようになると思います。

就職活動は答えがなく、自信をなくしてしまうこと、壁にぶつかることもたくさんあるでしょう。私も何度も悩み、漠然とした不安に駆られました。そんな時、実際に仕事現場を自分の目で見る、社員の方に会う、周りの人に思いを話すなど、できることはすべてやりました。そうすれば悔いのない就職活動になるのではないでしょうか。

あなたを見つけてくれる会社は絶対にあります。自分がどんなことをやりたいか、どんな人間になりたいかを考えることができれば、おのずと入るべき会社が見えてきます。「自分を必要としているところはきっとある!」と自分に自信を持って。

自信をつけて下さい!これから努力し、自分はこれほどの準備をしたのだから必ずいける、という自信を持って臨んでください。

就職活動は努力だけでいい結果に繋がるとは限りません。運とか縁とかも関わってくるのです。ただ、運や縁を引き寄せるには努力が必要。努力で運や縁を引き寄せてください。

素直な自分を表現してください。他の誰でもないあなたを必要としてくれる場所があるはずです。迷ったり悩んだりしたら、あなたを一番よく知っている人に話をしてください。周りは意外と自分のことを見てくれています。

私は筆記より面接で苦戦しました。面接対策をしっかり!

説明会や講座など、参加してプラスになることはあってもマイナスになることはありません。

自分の軸をしっかり持っておくことが大事です。4月に自分自身が本当に行きたい会社で働くイメージをしっかり持ち、流されず耐え抜いて。頑張れば結果が付いてくるというほど絶対的なものではありませんが、努力して良かったと思える日は必ず来ます。