main_title.png


70周年は次代へのステップ
 —今年、創業70周年を迎えられました。
 お取引先や地域の方々、社員などさまざまな支えのおかげです。70年を節目として、成長に向けた一つの転機にしたいと考えています。変化への対応を含め、次代へのステップアップを検討していくつもりです。これまで印刷業は印刷機や紙、インキ、デジタル設備など装置や物品を与えられ、それらを使って印刷物を製作してきましたが、今後は当社ならではのやり方や製品ができないか、知恵を絞っていきます。
 —業界の動向はいかがですか。
 出版市場は構造転換し、大きく変化しています。デジタル化が進み、紙メディアは縮小傾向にあります。さらに、原料の紙価格は値上がり傾向で、コストの押し上げ要因となっています。ただ、高齢化が進む中、紙媒体のよさを見直す動きもあります。取り巻く環境が激しく変化する中を生き残っていくには、時代やニーズに応じた商品やサービスの展開が不可欠です。より付加価値の高いものを提供し、お客様満足度を高める努力をしていきます。
 —人材育成に力を入れています。
 メディアの多様化に対応するため、社員にはさまざまな作業や工程をこなせる「多能職化」を目指すよう求めています。広い視野を持ち、本来の自分の仕事以外もできるようになれば、個々の社員の持つ価値が上がるとともに、スキルアップにもつながります。また、仕事へのモチベーションを高めるため、免許や資格を取得すると固定給に手当を上乗せしています。年間を通じて成果を上げた個人やチームを表彰する制度もあり、それぞれの頑張りを評価しています。
 —今後の展望を教えてください。
 当面の目標は、成長性のある事業展開と収益性の改善です。成長分野の開拓のため、異業種との協力なども模索していきます。協力関係を構築できる相手と組み、互いにシナジー(相乗)効果を生み出せればと思っています。当社商品は大豆油インキを100%使用しており、印刷用紙も古紙配合率50%以上。水質を汚濁する化学物質などが少なく、再利用しやすいものを使っています。環境に優しい企業としてPRするとともに、外部と力を合わせて新たなエコ商品の開発にも力を注いでいます。100周年に向け決意を新たにし、取り巻く環境の変化に対応しながら、20年先、30年先を見据えた経営を展開していきます。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ