main_title.png


加工・防腐技術で木を生かす
 —木材加工のエキスパートとしての、さんもく工業の業務内容は。
 1934(昭和9)年、鉄道の枕木や木製電柱の製造会社を島根県松江市で設立以来、岡山、島根県内に事業所、営業所を設けてきました。現在の本社に併設する岡山事業所ではプレカット事業のほか防腐建材事業を行い、防腐土台や防腐下地木材、住宅用デッキ、東屋・水車・案内板といった公園修景施設、屋外用の木製品を製造。建築現場などの簡易事務所を造るスーパーハウスや冷水塔も手掛けています。松江事業所は、防腐建材、屋外木製品のほか、木造住宅の販売や施工、林業の盛んな地域の真庭営業所は国産材の防腐製品の製造と出荷が主業務で、離島の島根県・隠岐営業所は住宅設備機器の販売・施工というように、地域に応じた事業展開も行っています。
 —長年培った木材防腐技術と、木材加工技術には定評がありますね。
 防腐技術は、木材を腐ったり劣化するという欠点から守り、屋外での利用を可能にします。独自の前処理、加圧技術で木材に安全な薬剤を浸透させて製品化し、安心・安全な製品を社会に提供しています。加工技術面では、木造軸組み住宅の大工加工を機械で行うプレカットを1989年、当社が岡山県で初めて事業化しました。土台、柱、梁(はり)、桁といった構造材をはじめ、野地や床のパネル加工、金物工法加工などが対象です。先進的なプレカットで信頼を受け、住友林業の中国地区の指定工場にもなっています。
 —「環境資材」と位置付けている木材の可能性と事業戦略は。
 木材の良さは、植えて育てる限りは無くならず資源として枯渇しないこと。さらに成長の過程でCO2を吸収する、まさに循環型の環境資材です。プレカットを重視した加工技術と防腐技術で木を生かすことが、当社の基本戦略です。ただ、木材は主に住宅用資材として利用されていますが、今後は人口減で住宅建設が減っていくと予測されています。このため、事務所や工場、学校など非住宅用の資材として利用を拡大していかなければなりません。今までコンクリート、鉄が主な資材だったものを一部木材に替えていくわけです。さらに、ガードレールや遮音壁、遊歩道のデッキなどにも木材の利用を推進していきたいですね。当社は時代の流れに対応して市場を開拓し、蓄積した技術を生かしながら進んでいこうと考えています。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ