main_title.png


一歩先のサービスを追求
 —昨年は全日空ホテルからのリブランドという節目の年となりました。
 9月1日に「ANAクラウンプラザホテル岡山」とリブランドし新たなスタートを切りました。イギリスのIHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)とANAがコラボしたホテルグループの一員として、ハード・ソフトとも「クラウンプラザ」の掲げるグローバルスタンダードを導入。すべての客室の仕様を一新し、アメニティーや備品に至るまで上質とくつろぎを追求しました。17、18階は新たにプレミアムフロアとし、ロビーやレストランなどもインターナショナルな感覚を取り入れて改装。岡山初の外資系ホテルとして、ブランドの名に恥じぬよう従業員一同と一層意識を高めています。
 —斬新なウエディングプランが話題となっています。
 当ホテルの特色は、ホテルでありながらハウスウエディングをご提供できることです。リブランドに合わせて独立型チャペルとリゾート感覚あふれるガーデンを整備。岡山駅に直結する利便性を生かしつつ、郊外型のゲストハウスに負けないプライベートな空間と時間、極上のサービスを実現し、ホテルウエディングの新しい魅力を発信しています。内見会などの来館件数は確実に増えており、手ごたえを感じています。とはいえ、ブライダル市場は変化が激しく、魅力ある商品を提供してお客様に喜んでいただくために、現状に満足せず、常に探究し続ける姿勢で臨みたいと考えています。
 —今後の展望は。
 リブランド後まだ半年ですが、新規・リピートを問わず高い評価をいただき感謝しています。特に欧米を中心とする海外客の増加は、リブランド成功の証と受け止めています。世界で約9000万人の会員を有するIHGのグローバルなネットワークは大きなメリットであると同時に、岡山を訪れる海外客に、「クラウンプラザ」にふさわしい質の高いサービスを提供していくことが当ホテルの使命の一つ。努力と研鑽(けんさん)を重ねていきます。また、岡山のホテルとして開業以来培ってきた親しみやすさや温かいおもてなし、地産地消など地元色を生かした取り組みにも磨きをかけることが大切です。今年の目標は「ワンステップ アヘッド」。発想力を豊かにして、お客様が望む一歩先のサービスを追求し、新たな感動をお届けしていきます。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2016年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ