main_title.png


幅広い事業で人と地域に貢献
 —原油高が与える影響は。
 昨年は石油元売り業界再編がニュースとなり、今後石油業界は大きく変化する可能性があります。さらに今年に入ってからの原油高が重なり、消費者の皆様は不安な昨今だと思われます。われわれ小売業者は店頭価格の変更で対応せざるを得ませんが、サービスの向上なども図り、お客様にご理解いただけるよう努めています。
 —サービスステーション事業の現状についてお伺いします。
 当社の直営店は全店に整備士を配置し、給油や洗車だけでなく、車両の点検・整備まで行えるワンストップサービスが特長です。また、昨年11月に玉野市玉の「オートランド玉姫店」を、車両展示販売専門の「エルジオ自動車直売店」として全面リニューアルしたことで、今後新車・中古車売買に力を入れていきます。これまでサービスステーションの一角での展示・販売でしたが、面積の拡大によって多くの車両を展示でき、お客様のニーズにさらにお応えできることを期待しています。
 —DVDレンタルなどのTSUTAYA事業で、高松市の伏石店を香川大学近くに移転されるそうですね。
 東京・代官山にあるフラッグシップ店をモデルに店舗デザインを行い、5月のオープンを予定しています。敷地面積は2倍以上となり、レンタル事業だけでなく書籍・文具などの売り場を拡張し、「タリーズコーヒー」を併設したブック&カフェの形態を採用。大学に近接した立地を生かし、若者層などに多く来店いただける店づくりを進めています。また、コミュニティー活動にも使ってもらえるVIPルームの設置など、新しい空間と時間の過ごし方を提供できるようにしたいと考えています。
 —今後の方向性についてお聞かせください。
 前述の事業に加え、介護や保険事業もおかげさまで安定しています。幅広い事業展開が特長の当社ですが、創業以来変わらず「人と地域への貢献」が基本姿勢。お客様にはもちろん、従業員にも満足度の高い環境整備を行っていくことは、企業方針として基盤となるもので、今後も変わることはないでしょう。当社の多彩な事業を通じて結んでいただく「コミュニケーション」の中で、より価値が高い、より快適な生活を楽しんでいただけるよう、今後も基本に忠実な事業展開を目指してまいります。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ