main_title.png

2018トップインタビュー




安全、安定供給へたゆまぬ努力
 —都市ガスの安全、安定供給に注力されています。
 保安の確保と安定供給は不変のテーマです。当社の営業エリア(岡山、倉敷、総社、玉野、赤磐、早島)に張り巡らせた約2400キロの導管網のうち、鋳鉄管のほぼ全部を耐震性の高いポリエチレン管に取り換えました。従来の鋳鉄管に比べて耐震性は格段に高まっています。また、岡山本社と倉敷営業所では保安要員が24時間体制で待機し、緊急時に備えています。安全、安定供給へたゆまぬ努力を続け、地域の暮らしと産業を支えてまいります。
 —都市ガスの小売り全面自由化から丸1年がたちます。自由化を機に新たな事業展開も始まりましたね。
 大都市部では新規参入した企業によって激しい顧客獲得競争が行われているところもありますが、岡山ではまだそうした動きはありません。自由化は半面で事業の自由度が増すということでもあります。その一つとして新たに住宅リフォーム事業に取り組み、キッチン、バス、トイレ、洗面台の工事を請け負っています。「水まわり何でも相談会」「リフォーム相談会」などを開催し、ホームページでも改修プランをご提案しています。当社をご利用いただいているお客さまを中心に受注は順調です。将来的には独立の事業部門にしてもよいと考えています。
 —ガス利用拡大へ暖房機対象の新料金メニューも用意されました。
 ガスストーブやガスファンヒーターなど、家庭用ガス暖房機をお使いのお客さま向けのお得な料金契約「速暖プラン」です。冬場に月の使用量が一定量を超えると一般料金より約20%お安くなります。ガス暖房機は燃料補給の手間がいらず、立ち上がりが速いうえ臭いもありません。こうした利便性や快適性をより多くの方に知っていただきたいと思っています。
 —「地域とともに」を掲げ、地域貢献やふれあい事業に熱心です。
 当社は1910(明治43)年の創業以来、地域に育てられてまいりました。その恩返しとして、スポーツではファジアーノ岡山、岡山シーガルズの支援のほか、岡山ガス杯ママさんバレーボール大会を長年主催しています。また、おかやま桃太郎まつりの「うらじゃ」、倉敷天領夏祭り、旭川クリーン作戦への参加も恒例です。ガス展やショールーム「アスパラガス」でのイベントなどを通して、地域の皆さまとのふれあいをさらに深めていきます。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2018年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ