main_title.png


パン専門店として地域に貢献
 —岡山で長年「キムラヤのパン」として親しまれてきました。
 当社は会社方針である「おいしいパン作り」のもと、地域に愛されるパンの専門店として、昔からの製品は伝統の味を大切に守りながら、今までにない新しい製品をおいしい食べ方とともに提案しています。さらに大型の店舗を作り、品ぞろえも豊富にし、作りたてのサンドイッチやホットサンドなどがその場で召し上がれるカフェスペースも用意して楽しいお買い物とともに、おいしいパンをゆっくりと味わっていただけるようにしています。
 —パン専門店としてお客様のニーズに応えていますね。
 食パン・食卓パン・菓子パン・サンドイッチ・スイーツなど幅広く定番品を取りそろえ、季節を感じていただける製品や新しい味の食卓パンなど新製品を発売し楽しんでいただいています。さらにお客様にはいつもおいしく豊かな食生活を送っていただけるように、食パンの種類を16アイテムと豊富なラインアップでお応えしています。
 —新しい店舗展開を積極的に行っています。
 昨年は天満屋ハピーズ円山店、天満屋岡山店の中に直営店を新設し、岡山駅地下店をリニューアルし、さらに12月には岡山シティホテル桑田町店を移転オープンしました。円山店、岡山シティホテル桑田町店にはサンドイッチカフェを併設し、新メニューで作りたてのホットサンドを導入してテイクアウトにも対応できるようにしています。また、岡山シティホテル桑田町店ではソフトクリームを導入し、パンでソフトクリームを味わっていただけるように「パンDEソフトクリーム(150円税込み)」を提供しています。
 —地域への思いは。
 岡山木村屋は岡山県内を中心に店舗展開をしてきましたが、これからも県内でさらに店舗を充実させていきます。新店の岡山シティホテル桑田町店では新しい試みとして親子サンドイッチ教室を毎月開講し、親子でサンドイッチ作りを楽しんでいただいています。いつまでも地域に愛されるパンの専門店として、地域のお客様に貢献していく所存です。
 —今後の方針をお聞かせください。
 これからも会社の基本方針である「Q・C・C(クオリティー・クリンネス・コミュニケーション)」を徹底して製品の品質アップにつなげ、おいしいパン作りに邁進(まいしん)します。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ