プレミアム倶楽部"

2018トップインタビュー




創業70周年、一歩前を意識
 —今年、創業70周年を迎えました。
 当社は1948(昭和23)年に創業し、ファッション業界を中心に社会に貢献してきました。84年にはオカセン株式会社から現在のカイタック株式会社に改称。全国で事業を展開し、アメリカや中国にも自社工場を持つなど世界的に規模を拡大してきました。現在は長年培ってきた感性と企画力、国内外にわたる生産力を結集し、SPA(製造小売り)への転換と自社ブランドの確立を推進しています。そして今年の70周年を機に3月、カイタック株式会社がカイタックホールディングスに社名を変更しました。
 —今年のテーマに「新産業革命」を掲げられています。
 現在はあらゆる分野で世の中が様変わりし、ロボットやAI(人工知能)といった技術が進化するなど、まさに「新産業革命」が起きています。流通分野ではインターネットやスマートフォンの浸透で、販売の主流が店頭からネットへと移りつつあり、衣料の分野でも生地の裁断やパターン、縫製がコンピューターで自動化されるなど、モノづくりの仕組みが大きく変化しています。そこで、われわれは今年「新産業革命」をテーマに掲げました。当社の工場ではすでに、ジーンズのダメージ加工を自動で行う機械を導入するなどコンピューター化、ロボット化を推進していますが、全社員が常に「一歩前を意識して、自ら対応策を考える」ことができるような体質改善を徹底的に行っていきます。
 —グループの岡山ビジネスカレッジは35周年を迎えます。また、岡山北ゴルフ倶楽部はリニューアル工事をされましたね。
 岡山ビジネスカレッジは昨年、岡山市北区田町に新校舎が完成し、ファッションや医療分野などに加えて介護福祉、和食調理コースを設け、全12コースを有する総合学園となりました。目指すのは、企業の即戦力となる人材づくりです。世界のマーケットで必須となる英語力はもちろん、正しい日本語や日本の歴史に関する知識を身に付けた人材を育成していきます。また、岡山北ゴルフ倶楽部は「メンバー第一」をモットーとして、高齢の方でも快適に回れるよう通路を工夫し、コース内に入れる二人乗りカートを整備しました。現在は夏の日差し対策で駐車場全面に太陽光パネル付き屋根を設ける工事を行うなど、常にサービス向上に努めてまいります。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2018年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ