main_title.png


地域で選ばれ、地域をこえて
 —電力小売り全面自由化がスタートし1年が経過しました。
 当社では、お客様のライフスタイルに合わせて選んでいただけるお得で使いやすい四つの新料金メニューや会員制のWEBサービスを開始するなど、お客様の選択肢の拡大と利便性を高めるよう、サービスの充実に向け取り組んできました。新料金メニューへの加入は、今年2月時点で50万口を超え、お客様から一定の評価がいただけたものと受け止めています。今後もお客様ニーズを的確に捉え、サービスをさらに充実させ、引き続き当社を選択していただけるよう取り組んでいきます。
 —安定供給に向けての課題について伺います。
 現在、日本は、エネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に依存していることに加え、8割を超える電力を火力発電でまかなっています。こうした中、将来にわたり低廉で安定した電気をお届けするためには、バランスの取れた電源構成にすることが重要です。そのためには、島根原子力発電所の再稼働は不可欠です。今後、新規制基準への適合はもちろんのこと、引き続き安全性を一層高める取り組みを積み重ね、地域の皆様のご理解を得ながら再稼働に向けて最大限取り組んでまいります。
 —今後の抱負を聞かせてください。
 私たち中国電力グループは60年以上にわたって、中国地域に低廉で安定した電気をお届けすることにより、地域の発展に貢献することを使命としてきました。引き続き地域の安定供給を守っていくことはもとより、お客様に喜んでいただける料金メニューやサービスの充実に取り組み、お客様、そして中国地域に「なくてはならない」と言っていただける企業を目指します。また、環境エネルギー教育支援活動や地域行事への参加など、地域での活動にも積極的に取り組んでいきます。加えて、国内他地域や海外での成長事業の育成・拡大を推進していきます。昨年にはマレーシア石炭火力発電事業に出資参画しました。当社が保有する石炭火力発電所の建設管理や運用実績など、これまで培ってきた電気事業の知見を最大限活用することで、国内以外でも収益基盤を確立し、グループの収益力の底上げを図りたいと考えています。これらの取り組みにより、「地域で選ばれ、地域をこえて成長する企業グループ」となることを目指してまいります。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ