main_title.png


これからも「まじめ一本」で
 —総合建設業として創業52年、「まじめ一本」をモットーに業務を拡大されています。
 当社は、1964年に一般建築業で創業。以来、一般戸建て住宅の建築、ビルや店舗などの特建工事、土木工事、不動産開発・売買などを行ってきました。また、増改築の「ミスタービルド」特約店として「ミスタービルドまび」を開設してリフォームを手掛けるほか、古民家再生、マンション開発などへと社業の発展とともに事業を大きく拡大してきました。創業精神として掲げる「真面目に頑張ろう」「人よりチョットだけ頑張ろう」を理念に、お客様にご満足いただける「安くていいもの」を提供し続けています。
 —2012年に参入した太陽光発電でも実績を上げていますね。
 「京セラソーラー」の特約店「京セラソーラーFC倉敷」を開設し、太陽光発電事業を行っています。新築だけでなく既存の住宅、倉庫や駐車場の屋根への設置が可能で、施工から売電、プランニングまで提案。現在、自社物件を中心に事業所向けの受注が増えています。おかげさまで、契約数は全国の特約店中第2位、中四国では1位の販売実績を誇っています。
 —農業生産法人を設立し、農業の事業化に取り組んでいます。
 09年に農業生産法人「アット・ファーム・倉敷」を設立しました。建築業で排出される建築廃材などの木質チップを利用したバイオマス蒸気ボイラーをコンピューター自動制御の野菜工場に設置。安定した環境でサラダホウレンソウやトマト、キュウリ、シイタケをハウスで栽培しています。また、倉敷市・真備町、総社市、岡山市・足守にある約70ヘクタールの水田で手掛ける稲作も好調で、既に百貨店やスーパーに「倉敷一番」ブランドで販売しています。今後もさらに新技術に挑戦し、安心・安全でおいしい野菜づくりを目指し、農業事業を展開していきます。
 —将来展望をお聞かせください。
 10年後には地域一番の会社を目指して成長していきたい。建築業ですから、「自分の家も生活も設計できるように」と社員一同に話しています。当面、太陽光発電事業を中心に伸ばしていき、蓄電、再生エネルギー関連分野には積極的にチャレンジしようと考えています。次の50年を目指し、「確かな技術で信頼を築く企業」としてこれまで同様一歩一歩まじめに取り組んでいく所存です。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2016年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ