プレミアム倶楽部"

2018トップインタビュー




町一番の頼りになる店続ける
 —今年、創立50周年を迎えられました。今後の方針や目標は。
 お客様にとって「町一番の頼りになる店」になることが目標です。接客マナーに関しては、営業担当はもちろん、エンジニアやパート社員も含め一人でも悪い応対をすれば終わり。「100マイナス1は0点」を徹底しています。エンジニアには、作業内容を自ら直接ご説明するよう指導。おかげさまで、全国のオールトヨタ280社の中でお客様のアンケートによるCS(顧客満足度)日本一を3年連続で達成できました。これを4年連続、そして永久に続けていきたいですね。
 —トヨタ自動車の2017年「全国販売店準総合表彰」を5年連続で、またネッツ店を対象にした「N—ReBORN賞」も受賞されました。
 お客様のご支持、従業員の努力があっての受賞です。特にN—ReBORN賞はCSだけでなく、新しいことへの挑戦姿勢が評価の対象となります。当社は昨年11月、トヨタ自動車の新スポーツカーブランドを扱う岡山県内初の「GRガレージ東岡山」をオープンしたほか、エコキャンプや工場見学、スポーツイベントの主催・協賛など社会貢献にも積極的に取り組んできました。前身となる賞を含め3回目となるネッツ店表彰の受賞は、非常に価値があると大変うれしく思っています。
 —そのGRガレージ東岡山ですが、好評だと伺っています。
 モータースポーツファンだけでなく、車の楽しさを実感していただける店ができました。トップレーサーも練習するレーシングシミュレーターでは世界中のサーキットが体験でき、にぎわっています。当社はドライバーやエンジニア、レースクイーンまで全て自社のスタッフで、10年以上前から各種のレースに出場する実績を持っており、その経験が生かせたと思います。
 —2月には、3回目となる西大寺会陽の祝い主を務められたほか、ご自身も岡山商工会議所の副会頭として岡山PRに尽力されています。
 地域の皆さまのおかげで50周年を迎えることができた、その感謝の思いを込めて祝い主をお受けしました。副会頭は2期目で、文化観光など3委員会を担当。岡山の街をつくった宇喜多親子を顕彰する「宇喜多秀家☆フェス」に携わり、今年10回目を数えます。社員には「晴れの国おかやま検定」の受検を勧めており、接客だけでなく地域の盛り上げにも生かしていきます。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2018年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ