main_title.png


製菓・製パン業界発展に貢献
 —ヒラタの強みを教えてください。
 当社は製菓・製パン業界のお客様を、原材料から包装資材、機械器具まで総合的にサポートさせていただいております。お菓子やパンは、心を豊かにし、幸せを届けてくれる身近な存在です。私たちは、そのお菓子やパンの作り手であるお客様に対し、ソフト、ハードの両面からサポートしております。また、食の安全・安心を最優先の責任と考え、4温度帯での徹底した商品管理と賞味期限管理に注力しています。“誠実であること”をモットーに、代々築いてきた、得意先様、仕入先様との信頼関係を維持・継続していくことを大切にしています。また、当社独自の総合展示会、ヒラタフードフェアを今年は神戸国際展示場で6月に行います。「挑戦〜新しい発見と新たなる挑戦〜」をテーマに展示会場を2会場に増やし、開催いたします。
 —人材育成に注力されています。
 従業員の主体的な発想や行動力を支援するとともに、若手従業員が活躍できる場や、女性の登用を拡大していきます。これまで、当社のセールスは、男性社会でした。しかしながら、和洋菓子、パンを実際に買いに来るお客様は女性が多いので、消費者目線で考えるなら女性セールスが必ず活躍できるという思いで、女性セールスの登用を促進しています。また、昨年、営業職の初の女性の役員が誕生し、全社を回ってセールス指導と女性社員の働き方支援に取り組んでもらっています。
 —営業エリアについては。
 現在、岡山市を本社に、中四国、関西、関東に営業所を展開しています。進出して7年目を迎える関東の営業所も軌道に乗り、東京五輪に向けての活況を期待し、取引の拡大に取り組んでいます。また、来年には、大阪営業所を拡大移転し、関西圏の拠点強化を図ります。
 —グループ企業の「プロフーズ」にも新しい動きがあるそうですね。
 今年のバレンタイン商戦には、バレンタインの催事の集客力がある阪急うめだ本店様から出店のお誘いをいただき、プロフーズの小型店舗として出店させていただきました。デパートヘの出店は初めてで、今後の展開にこの経験を生かしていきたいと思っています。また、ネット通販の強化と在庫管理の一元化のため、ヒラタ本社隣にプロフーズの物流本部を新設しました。より効率的な業務運営とスピーディーなサービスを心掛けたいと思います。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ