main_title.png


お客様の期待上回る結果を
 —醸造業界の動向は。
 今年は、当社の原点である醸造領域のお客様においては、清酒業界、焼酎業界でそれぞれ大規模プロジェクトがあります。単なる設備メーカーではなく、お客様と同じゴールを目指していくビジネスパートナーであるという自覚を持って、綿密な打ち合わせを通して真意をつかみ、お客様の期待を上回る結果につながるよう、全社一丸で取り組みを進めています。また、新たな動きとして、甘酒の消費・市場拡大によって、甘酒設備需要が日本全国で高まっています。甘酒は麹菌(こうじきん)の持つ酵素やビタミン類、必須アミノ酸9種を含み、飲む点滴とよばれるほど栄養が豊富で、美容健康をサポートする食品としてブームになっており、その市場はこの4年で3倍近く拡大しています。甘酒には、酒粕(さけかす)由来のものと麹由来のものとがありますが、麹由来のものが特に人気で、清酒業界や味噌(みそ)業界の多数のお客様から甘酒製造用の設備のお話をいただいています。より高いレベルの「安全・安心」が求められる甘酒設備においても、創業から80余年という長い歴史の中で磨きあげてきた技術、蓄積された経験とノウハウで、お客様のご要望にお応えしてまいります。
 —新技術の展開はいかがですか。
 醸造の枠を超えた領域では国内外で粉体殺菌装置「ソニックステラ」が本格稼働します。粉体殺菌装置は、極超短時間加熱殺菌という画期的な原理により、粉体の品質劣化を極小化しながらも確実な殺菌を実現し、海外も含め幅広く粉体業界に新たな価値を提供できると自負しております。実機導入により装置としての完成度をさらに高め、お客様ごとの殺菌目的や品質評価、要望に丁寧に対応し、実績を増やしていきたいと考えています。
 —今年は西大寺会陽で祝い主を務められました。
 フジワラテクノアートとして2度目、社長就任後初めての祝い主を務めさせていただきました。508回の歴史の中で初となる女性祝い主という大役をたまわり、国の重要無形民俗文化財に指定された伝統ある西大寺会陽を通じ、地域社会に貢献できたことを大変うれしく思います。また、祝い主企業の地練りには若手からベテランまで社員が幅広く参加させていただき、皆様方より御福を頂戴したことを、感謝申し上げます。今後もお客様、そして地域の皆様とともにますます繁栄できるよう、社員一同精進してまいります。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ