COMPANY

- 部門紹介 -

会社の未来と基盤を支える

 加速するデジタル社会において企業はどう対応していくのか。新聞社も例外ではありません。ITの浸透が暮らしをより良い方向に変化させるデジタルトランスフォーメーション(DX)が大きな課題となる中、ビジネス開発局は「DX推進部」「新事業推進部」「メディア開発本部」「知財事業部」の4セクションで対処していきます。140年を超える歴史を持つ新聞社のリソースを生かし、新たな時代のメディア産業を目指す会社の基盤を支えています。

 DX推進部は ウィズコロナ、アフターコロナを見据え、社会のニーズに応えられるメディア企業体となるべく研究や情報収集に当たっています。ITエンジニアが社内情報システムの管理を担うほか、既存事業の生産性向上、業務改善を支援。データとデジタル技術を活用して業務だけでなく組織やサービスを変革させていく手だてを講じます。

 激変する経営環境にあってビジネスモデルの改革や事業領域の拡大は欠かせません。新事業推進部が取り組むのは新たな収益モデルの創出です。2019年からは地域課題の解決やものづくりに挑む人たちがインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)事業を始めました。山陽新聞のネットワークを生かし、地元金融機関、CF事業者と連携した地域密着型CFサービス「晴れ!フレ!岡山」で皆さんの夢を応援しています。

デジタル時代の発信力高める

 メディア開発本部ではメディアを核にした新しいサービスの在り方を探っています。読者をはじめ多くの人に利用してもらえる次期電子版の提供を視野に、地域の情報を集約して使いやすくするといった機能や魅力あるコンテンツを盛り込んで、デジタル時代に応じた発信力を高めていきます。

 1879(明治12)年1月4日の創刊から発行を重ねてきた膨大な紙面は地域の出来事と歴史が詰まった宝です。知財事業部はこうした情報をデータベースとして日々更新、有料で公開しています。「山陽新聞アーカイブス」はデジタル保存された創刊時からの紙面が閲覧可能で、本紙の記事や写真が検索できる「Sandex(サンデックス)」は30年前までさかのぼれます。著作権の管理も担当しており、掲載記事や出版物の適正な管理に努めています。