更新

山陽新聞カルチャープラザ本部教室特別講座 岡山の中世城館から見る戦乱の世 受講生募集

 応仁の乱以降、備前国、備中国、美作国では、赤松、山名、細川、尼子、毛利そして織田氏らが覇権争いを繰り広げました。浦上、宇喜多など地域に根付いた領主も次第に戦乱の世に巻き込まれ、その拠点として城館が築かれました。特別講座「岡山の中世城館から見る戦乱の世」では、発掘調査の成果などをもとに中世城館の歴史的価値や魅力を解説します。

専用フォームから応募する

  1. 第1回 3月11日(月)
    中世の城館の構造

    講師 滋賀県立大学教授 中井 均

  2. 第2回 4月8日(月)
    備前・備中・美作の戦国史と城館

    講師 戦国史研究者 畑 和良

  3. 第3回 5月13日(月)
    岡山の中世城館の実像1(総合調査の成果から迫る)

    講師 岡山県古代吉備文化財センター 小林 利晴

  4. 第4回 6月3日(月)
    岡山の中世城館の実像2(発掘調査の成果から迫る)

    講師 岡山県古代吉備文化財センター 和田 剛

  5. 第5回 7月8日(月)
    中世城館から近世城郭へ

    講師 滋賀県立大学教授 中井 均

会場
山陽新聞社本社さん太ホール
(岡山市北区柳町2-1-1 →Googleマップで確認する
時間
各13:30~15:00
受講料
5回シリーズ5000円(資料代、税込み)
定員
250人
申込方法
山陽新聞カルチャープラザ本部教室「岡山の中世城館係」へ住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、はがき(〒700-8634岡山市北区柳町2-1-1)か、ファクス(086-803-8117)か、Email(event@sanyonews.jp)、または専用フォームでお申し込みください。定員になり次第締め切ります。

専用フォームから応募する

お問い合わせ
山陽新聞カルチャープラザ本部教室
TEL 086-803-8017

●受付時間/月~土曜9:30~19:00、日曜9:30~17:00
●定休日/祝日、GW、お盆、年末年始