活動紹介

当事者に聞く「移住増の理由」

 吉備の環プロジェクトチーム(PT)第2陣は8日、西粟倉村内に工房を構えるイスラエル出身男性と、その妻の横浜出身女性を訪問。同村に移住した理由や、村の住み心地について聞きました。

 夫妻によると、移住の決め手は「自然が気に入った」「他にも移住者が多く、生き生きと活動している」。実際に住み始めてからも、雪かきや畑仕事を教えてくれたり、自宅リフォームを手伝ってくれたり、村民たちが何かと気にかけてくれたそうです。「村の人たちが優しい。これこそ、西粟倉に移住する人が増える理由だと思います」

 工房では笛作りを体験。のこぎりとドリル、小刀を使って30分ほどで完成しました。工房そばの山をしばし散策させてもらい、豊かな自然の一端に触れました。

 第2陣の日程はこの日で完了。この3日間で出会い、お話しさせていただいたみなさん、ありがとうございました。

IMG-2449.jpg

活動紹介一覧