main_title.png


社員満足度高め明るく元気に
 —好調な業績を堅持されています。
 当社は国内外250以上のメーカーの制御機器を取り扱いシステムを提案する「技術商社」。制御機器販売では中四国・九州でナンバーワンの業績をあげています。技術職は卓越した商品知識と、営業を介さずとも直接お客様の元へ出向きシステムコーディネートの提案ができる技量を兼ね備えているため、迅速な対応が可能です。営業職はお客様とより円滑で常に積極的なコミュニケーションを図る努力をしており、両職が刺激し合い、それぞれの存在価値を高め合うことでお客様満足度アップに貢献しているのが強みです。
 —社員教育も充実していますね。
 個人の成長にこだわり教育を行っています。個人目標の1カ月後、1年後の達成度を掘り下げ、徹底してフォローアップする研修を数人の小グループ制で実施。個人の課題や目指すビジョンが明確になり、社員の士気が一層高まってきました。今年は、次代を担う新たなリーダーを育成するための「未来プロジェクト」を立ち上げました。現状に満足せず常に会社の将来像が描ける高い視点を持った社員へ成長してほしいという狙いがあります。
 —社員満足度にもこだわっておられます。
 2年に1回の海外旅行をはじめ野球、ゴルフ大会や大山登山などイベントを年50〜60回開催し、楽しんで参加してもらえています。給与を含め、働く環境を充実させることで社員同士に団結力が生まれ、より求心力のある組織になるためか、明るく元気な社風ですねというお声をいただいています。
 —今後の展望は。
 IoT(モノのインターネット)とロボット化の時代を見据え、すでに両分野のプロジェクトチームを発足させています。「当社ではこんなことができる」と“攻め”の姿勢で提案し、お客様と一諸に必要なシステムを考えていきたいですね。4年半前から取り組んでいる環境分野の事業も好調。今年は計装分野を新たなビジネスチャンスととらえて準備を進めています。この数年間の先行投資で設立した国内外の営業拠点は毎年過去最高利益を上げており、目指す売上高200億円はいつの間にか達成できていたという通過点になっているのが理想です。そのためにも強みを存分にアピールし、やる気ある優秀な人材を育て、岡山の就職希望ランキングでトップテンに入る魅力ある企業を目指していきます。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ