RECRUIT

― 内定者の声 ―


・今後長い人生でやりたいこと、挑戦してみたいこと。

・社会と向き合い、社会に貢献することができる。

・地元で働けて地域の方々と関われる仕事。

・「伝える」ことで社会に貢献できる仕事。

・自分が本当にこの会社で働きたいのか、という気持ち。会社の雰囲気が良いかどうか。

・社会人として自分が何をしたいか。


・ネットや、他人への聞き込み。

・ホームページ、新聞紙面、説明会、リクナビ・マイナビなど。

・志望職種の先輩社員に話を聞く、学校のキャリアセンターなど。

・OBや現役社員、内定者の方とも連絡を取り、情報を集めた。


・自分がやりたいことであり、さらに岡山を代表する会社だと考えたから。

・やりたかった記者の仕事ができ、かつ自分が育った社会に貢献することができる。また、お会いした社員の方々からとても良い印象を受けたから。

・今まで支えてくれた地域の方々の役に立てる仕事がしたいから。

・地域面が充実していて、読者である地域の人々と地理的にも心理的にも近い距離で仕事ができると思ったから。

・新聞記者になることが幼いころからの夢で、地元である岡山を記者としてもっと盛り上げたいと思ったから。

・地元である岡山の魅力を発信し、岡山をよりよい街にする手助けがしたいと思ったから。


・相手にわかりやすく伝わるように書くこと。

・意味が明確に伝わることはもちろん、伝えたい自分の経験や思いを読み手が想像できるように、短い文章の中でも具体性を持って書くこと。

・丁寧な字で文章を簡潔に書くこと。

・一文をわかりやすく、簡潔に書くことと、山陽新聞社で働きたいという熱意が伝わるように書くこと。

・全てを書くのではなく、簡潔にまとめること。面接で詳しく話せばよいので、面接への話題作りという気持ちで書いた。

・学生時代の自分の取り組みをただ記すのでなく、実際の仕事にどのように生かせるかアピールすること。


・本屋で問題集を買い、それをひたすら解いた。

・毎日、新聞を読む。過去の問題をもとに市販のテキストで勉強する。

・一般教養のテキストでの勉強。

・新聞でわからない言葉や読めない・書けない漢字があればすぐに調べるようにした。

・とにかく新聞を読み、テレビではニュース番組を見るなどして対策した。

・時事問題に幅広くアンテナを張る。


・日ごろの授業での発表から、自分の考えを自信持って言えるよう意識した。

・模擬面接や他社の面接など、とにかく場数を踏んで内容を修正していく。

・イメージトレーニング。

・笑顔を忘れず、一つ一つの質問に簡潔に答え、面接官と会話のラリーを増やすことを意識した。

・自分の入社志願書を見返すなどして、あらかじめどのような質問が来るのか考えた。

・慣れの部分も大きいと思うので、他企業の面接も積極的に受け、経験を積んだ。


・読書をしたり書く練習をしたりする。

・文の構成に注意して新聞を読み、実際に各社の例題で作文を書く。

・特に準備はしなかったが、本番では自分の体験や経験をもとに書いた。

・ニュースや関心のある話題に対して、自分なりの意見を考え、文章にする練習をした。

・新聞のコラムを毎日欠かさず読み、自分も同じテーマで別の文章を書いた。


・人の目を見て話すことを意識した。

・具体的な経験をもとに自己分析をしっかり行うことを心掛けた。

・面接で言いたいことの要点を紙に書き出して、イメージトレーニングをした。

・自分の考えを文章にしてノートやスマートフォンに残しておくようにした。新聞や本を読んだ時や、街を散策している時など、気付いたことや考えたことはすぐにメモするようにし、面接のネタにしたり、自己分析に使ったりした。 普段の思考が、全て志願書や面接での糧になると思って過ごした。

・「晴れの国おかやま検定」公式参考書を読んで、岡山県のことを勉強した。他にも山陽新聞で気になった記事を切り抜いて、スクラップブックを作った。


・他社に比べ少し厳しく感じた。

・緊張をほぐし、話しやすい雰囲気を作ってくれた。

・1次面接と最終面接は堅い雰囲気だった。2次面接は気楽に話せる雰囲気だった。

・じっくり会話してくれるので、自分がどういう人物なのか伝わりやすい面接だと思った。 最終面接は緊張感のある雰囲気だったが、自分らしく自信を持って挑むことが大切だと思って臨んだ。

・1次、2次面接は圧迫感もなく、面接官と会話をしているような、話しやすい雰囲気だった。最終面接は面接官が多く、ピリッとした緊張感の中での面接だった。

・個人面接ということもあり、自分の伝えたいことにしっかり耳を傾けてくださった印象。


・あなたはラッキーな人間だと思いますか。

・あなたを漢字一字に例えると何。

・岡山県の問題点は思いつきますか。

・最近「憤り」を感じたニュースはありますか。

・紙の新聞だけでなく、さんデジなど電子媒体の利用者も増やすにはどうしたらいいでしょうか。

・メディアが多様化し新聞業界も苦境にたたされている現在、新聞の意義は何か。どうして新聞社を志すのか。


・難しかったです。

・作文は、自分が考えていなかったテーマだったこと、また、個人的に抽象的なテーマが苦手だったので難しかった。

・漢字は普通で時事問題は難しく感じた。

・普段から新聞を読んでおけば、さほど難しくはない。 岡山に関する話題が出るので、岡山の地理やニュースは知っておいて損はないと思う。

・難易度としてはそれほど高くない。漢字・時事問題ともに新聞をしっかり読んでおけば答えられる問題。岡山に関する問題は岡山県民なら常識レベル。

・しっかり対策すれば大丈夫だと思う。


・会社のことをよく知ることと、どういう人材を欲しているのかを自分なりに整理しておくことだと思います。

・自分が何をしたいのか、自分にはどのような価値があるのか悩むこともあると思います。しかし、採用過程では多くの方々が「私」のことをしっかり見てくれます。もちろん準備は必要ですが、これまで培ってきた「私」というものを精一杯出せるように、自信を持って頑張ってください。

・笑顔を忘れず自分の言葉で話せるといいと思います。

・まずは自分がどういう人物か、何を仕事にしたいのかをじっくりと考えること。その中で、自分にしかない強みや、志望する仕事へのオリジナルな熱意が見つかるのではないでしょうか。 辛いこともあると思います。でも、たくさんの人に話を聞いて、しっかりと自分の頭で考えて行動すれば、納得のいく結果がついてくるはず。 お体には十分に気を付けて頑張ってください!

・面接も作文も、しっかりとした自分なりの考えがあれば問題ありません。どの試験も緊張するのは当たり前です。この会社で働きたいという強い気持ちを持って試験に挑めば大丈夫です。

・自分の考えを、自信を持って伝えましょう。硬くなり過ぎず、明るく、笑顔で頑張ってください!!