さん太ホール、さん太ギャラリーのイベント

《2019年8月》

◇行事、日程は変更されることがあります。

さん太ホール
【3日】▼[主]キッズダンスフェスティバル 後1時。ビギナー、キッズ(小学生)、ジュニア(中高生)の3部門参加者によるコンテスト。無料(定員300人)。

【6日】▼第29回岡山県高等学校生徒商業研究発表大会 前10時半。他校との交流を通して学習を深め、日頃の研究成果を発表する。無料(定員300人)。

【11日】▼全国都道府県対抗eスポーツ選手権岡山県代表決定戦 前10時。サッカーゲーム「ウイニングイレブン2019」をトーナメント形式で競う。無料(定員300人)。

【19日】▼[主]吉井川流域魅力発信フォーラム―連携で活かせ、地域の宝― 後1時。日本総合研究所主席研究員藻谷浩介氏が「広域連携で紡ぐ地域の未来」と題して講演する。「DMOを核とした観光地域づくり」と題したパネルディスカッションも。無料(要申し込み)。

【21日】▼[主]山陽新聞カルチャープラザ特別講座「天皇126代と日本の歴史」 後1時半。東京大学史料編纂所教授山本博文氏による講演。1500円。

【24日】▼[後]持続可能な開発目標(SDGs)に向けて―G20岡山保健大臣会合開催記念シンポジウム 前10時。山田方谷研究家野島透氏、京都大学こころの未来研究センター教授広井良典氏による基調講演とシンポジウム2題。無料(定員300人)。

【25日】▼第42回NLAナキワラ!2019岡山県ライブ 後1時。中高生が中心となって企画、運営し、主張、音楽、パフォーマンスの3部門で発表する。無料(定員300人)。

さん太ギャラリー
【5日】▼[主]山陽新聞アーカイブス特別展「終戦何を伝えた」 9日まで。山陽新聞の前身・合同新聞の太平洋戦争開戦から戦後間もない時期までの紙面を展示。岡山に疎開した永井荷風の足跡に関する記事や、今年6月の連載「復興期をともに岡山戦災の記録と写真展から」も閲覧できる。

【26日】▼岡山大学津島写真部夏季学外展2019 9月1日まで(26日は後2時開場、1日は正午閉場)。年に一度の学外展覧会。部員全員の作品約50点展示。

さん太広場
【7日】▼スパークリング・スクエア2019 後6時。期間限定ビアガーデン。

さん太ホール、さん太ギャラリーの利用について

お問い合わせ

山陽新聞社本社ビル1階サービスセンター
〒700-8634
岡山市北区柳町2-1-1
TEL 086-803-8222
FAX 086-803-8219
営業時間 9:30から17:30(月~金曜日、土曜日は13:00まで)
※お盆、年末年始休業は不定期です。