さん太ホール、さん太ギャラリーのイベント

《2020年2月》

◇行事、日程は変更されることがあります。

さん太ホール
【1日】▼第1回立志教育支援フォーラム in 岡山 後1時。「志授業」の普及を目的とした催し。志授業推進協議会理事長角田識之氏が「人生の北極星を持った子どもは、迷わない!~未来を逞しく生き抜くために、大人が子ども達にプレゼントする一番大切なもの~」と題して講演する。無料(要申し込み)。

【4日】▼第38回北方領土返還要求岡山県民大会 後1時半。元島民による記念講演、北方領土問題啓発動画の上映ほか。無料(定員300人)。

【6日】▼[後]慈愛と福祉の先駆者たちVIII「私なき献身・福祉県を築きあげた三木行治」 後2時。黒住教名誉教主黒住宗晴氏が「にこにこおじさん桃太郎知事」、山陽新聞社監査役阪本文雄氏が「医療福祉の人三木行治」と題して講演。無料(要申し込み)。

【8日】▼認知症と家族について考えるつどい 後1時。映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」上映後、監督の信友直子氏が講演する。無料(定員300人)。

【20日】▼[主]山陽新聞創刊140周年記念連続シンポジウム「令和時代の地域をつくる」第4回「交通は幸せのもと」 後2時。関西大学経済学部教授宇都宮浄人氏が「幸せをもたらすモビリティー」と題して講演。岡山市長大森雅夫氏、浅口市みどりケ丘イキイキグループ副代表宮本紀子氏、西粟倉村地域おこし協力隊員猪田有弥氏、宇都宮氏によるパネルディスカッション。無料(要申し込み)。

【23日】▼[主]第9回おかやま新聞コンクール表彰式 後1時半。コンクールの上位入賞者を表彰する。無料(定員300人)。

【24日】▼渋沢・ギューリック杯児童英語表現発表大会 前10時。岡山県内の小学生による発表。無料(定員300人)。

さん太ギャラリー
【14日】▼岡山科学技術専門学校建築工学科・研究科作品展2020 16日まで(16日は後3時閉場)。卒業・修了制作や住宅設計課題作品のパネル、模型を展示。

【22日】▼[主]第9回おかやま新聞コンクール作品展 23日まで(22、23日とも後5時閉場)。同コンクール「新聞づくりの部」入選以上の作品を展示。

さん太ホール、さん太ギャラリーの利用について

お問い合わせ

山陽新聞社本社ビル1階サービスセンター
〒700-8634
岡山市北区柳町2-1-1
TEL 086-803-8222
FAX 086-803-8219
営業時間 9:30から17:30(月~金曜日、土曜日は13:00まで)
※お盆、年末年始休業は不定期です。