プレミアム倶楽部

2021トップインタビュー




新築、リフォーム展示場そろう
 —家電量販店などの商品の配送、設置を全国規模で展開されています。新型コロナへの対応は。
 当社の営業所は全国に約40ありますが、うち半分が患者の多発する東京、名古屋、大阪エリアにあり、従業員の感染防止には最大の注意を払っています。各営業所に検温や手洗い、うがい、マスクの着用などを求める「通達」をこれまでに6回送付し、強く自覚を求め、ウェブ会議ができるよう環境も整備。また万一に備えてエリアごとに相互応援態勢も整えました。お客さまの信頼に応えて遅滞なく業務を進めるために万全の態勢を敷いています。
 —関東での業務を拡大すると聞きました。コロナ禍では新人教育が大変ですね。
 同業の2社が人手不足から一部の業務を手放し、それぞれ当社が引き受けることになりました。コロナ禍の下では新たに加わる社員・従業員への教育はOJT(仕事を通しての訓練)が中心になりますが「キビキビと」「キチッと」「気配り」「気持ちよく」の頭文字から名付けた当社独自の「4Kスローガン」の徹底を図り、請負業の精神を教えていきます。
 —地元では住宅事業とリフォーム事業に注力されています。一昨年の住宅展示場に続いて昨年はリフォーム展示場も完成しました。
 住宅は木造注文住宅のスマートハウス・イーコムホームで、展示場は岡山県早島町の国道2号沿い(下り)に開設し多くのお客さまが創エネ・省エネ住宅の実際を体感されています。リフォーム展示場は岡山市の国道2号妹尾西交差点に隣接し、キッチンや風呂、トイレなど水回りを中心に日本の主要メーカーの製品を紹介する大型のショールームです。イノベーションで新築のようにキラリと(元に)返ることから「キラリかえる」のシンボルマークでご来場を呼び掛けています。ぜひ二つの展示場にお出かけください。
 —地元では太陽光発電でも知られ、今春から住宅用の「楽らくソーラー」の販売を始められました。
 一般家庭で標準の発電量5キロワットのソーラー発電システムを使い、発電したうちの70%を売電に回す場合、設置費用を割賦で支払うと月額がおおむね0円で済む経済的に楽な仕組みです。政府の「カーボンニュートラル2050」政策など脱炭素の動きが強まり、環境への関心が高いのを反映して販売早々から多くの引き合いがあります。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2021年4月1日付 山陽新聞朝刊別刷り特集に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ