プレミアム倶楽部

2021トップインタビュー




新時代対応の建築物を提供
 —岡山支社に着任されて1年がたちました。
 ガバナンス強化、業績拡大の命を受け新入社員時代に育てていただいた岡山の地に再び足を踏み入れるやいなやコロナの影響を受け、「働き方改革」が一気に加速、ワークスタイルの大きな変化に戸惑いながらもニューノーマル時代にやるべきことを模索してきた1年でした。
 —一戸建て部門では「新しい生活様式」に沿った魅力ある提案がされています。
 ウェブ限定の一戸建て住宅「ライフジェニック」は販売早々に多くのアクセスがあり手ごたえを感じています。また、コロナの影響からテレワークが普及し新たなプランである「快適ワークプレイス」や「つながりワークピット」も好評です。高性能防音や暮らしとワークタイムを隔てるゾーニングで仕事の成果をしっかり高めながら、家族の生活空間をさらに快適にするこれからのニューノーマル時代に合わせた住まいのご提案です。
 また、都市部の建て替えをターゲットにした重量鉄骨ラーメン構造の3階建て商品「skye3(スカイエ3)」も都市部以外で1階をビルトインガレージ、2、3階に住居という思わぬ反響もあります。標準でZEH(ゼッチ=ゼロエネルギー高性能住宅)仕様など未来型住宅として期待が高まっています。
 —一戸建て住宅に加え、商用施設や物流施設、集合住宅建築など幅広い事業領域も魅力です。
 「人・街・暮らしの価値共創グループ」を経営ビジョンに掲げ、一戸建て住宅で培った技術をベースにさまざまな建築物を手掛けてまいりました。コロナ禍によって市場に変化が起こり、一戸建て住宅は新たなプランにシフトする一方、物流施設や郊外型小売店舗などを手掛ける施設開発部門は堅調に推移しています。今後も新時代に対応し、皆さまの生活に必要とされる建築物とサービスの提供に努めてまいります。
 —新しい年度がスタートしました。本年度の抱負は。
 「多くの人の役に立ち、喜んでもらえる商品開発やサービスの提供が使命」という創業者精神にたちかえり、コロナ禍により変化した生活スタイルを重視し、岡山地域の皆さまにとってお役に立てる企業、必要とされる企業を目指してまいります。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2021年4月1日付 山陽新聞朝刊別刷り特集に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ