プレミアム倶楽部

2021トップインタビュー




岡山の皆さまに非日常を提供
 —新衛生基準を策定されました。
 ホテルは人が集まる場であることから、もともと衛生管理には細心の注意を払っている施設ですが、コロナ禍で不安をお持ちの方も多いと思います。そこで、当ホテルを含めたJR西日本ホテルズでは新たな衛生基準「Clean&Safety」を定めました。皆さまに「グランヴィアだったら安心、安全」と感じていただけるよう、妥協のない清潔さと衛生的な環境づくりに努めています。
 —非日常の提供を提唱しています。
 従来、ホテルは旅先で泊まる場という意識から旅行者にフォーカスしがちでした。しかし昨年、緊急事態宣言の解除に伴い県民限定宿泊プランを発売した際に、多くの方にご利用いただき、ホテルは旅行者のためだけにあるのではないと気づかされました。日常とは異なる空間や食事、サービスなどを通じて、近隣にお住まいの方々にゆったりとした癒やしの時間を過ごしていただくことも、ホテルの使命の一つだと実感したのです。現在は多彩な夕食付きプランや、24時間滞在した後にランチを召し上がれるプランもご用意。地域の皆さまにも非日常を楽しんでいただけるとうれしい限りです。
 —グランヴィアブランドを追求されています。
 コロナ禍は、グランヴィアという名前で提供しているサービスについて深く考え直すきっかけともなりました。JR西日本ホテルズではグランヴィアブランドとしてのサービス=おもてなしを改めて体系づけて整理し、実践のための仕組みづくりを進め、この4月から新しい取り組みをスタートさせることとなりました。一朝一夕に実現できるものではありませんが、日々地道に取り組んでブランド力を磨き、選ばれるホテルを目指してまいります。
 —今後の展望をお話しください。
 昨年開始し、ご好評をいただいているお弁当とオードブルのテークアウトは、今後も続けていきたいと思っています。また、コロナ禍の前から進めていた客室の改装を、時期をみて再開します。既に完成している4フロアと同様に、バスタイムをゆったりと過ごしていただけるようバス・トイレをセパレート化して洗い場を設け、照明や間仕切りを一新して明るく開放的な空間にする予定です。さらに、空間や食事に岡山らしさを表現し、当ホテルならではの上質な時間をご提供してまいりたいと考えております。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2021年4月1日付 山陽新聞朝刊別刷り特集に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ