プレミアム倶楽部

2021トップインタビュー




機能性高め介護・療養食伸びる
 —病院、福祉施設など医療分野向けの食材提供に強みがあります。業況は。
 創業以来70有余年、学校給食・病院給食への食材提供をベースに経験とノウハウを積み重ねてきました。近年、医療分野への特化を進め、全体の約9割を占めるまでに成長しています。高齢化社会を背景にタンパク調整や減塩・低塩、「やわらか食品」などの機能性食品が伸びており、昨年度は増収・増益となりました。特に関西圏をカバーする神戸営業所が2割増と好調。お客さまに「介護・療養食といえば誠屋」とご信頼、ご支持いただいたたまものだと感謝しております。
 —コロナ禍における感染対策と営業体制についてお聞かせください。
 検温・消毒・アクリル板設置などのほか、感染時のマニュアルを作成し、社員の安全確保に努めるよう全社で徹底しています。営業に関しては、昨年導入したタブレットによる受注システムに加え、商品カタログに二次元コードを付け、検索すれば商品の機能や成分などの詳細が動画で閲覧できるよう工夫しています。オンライン配信を活用し、非対面営業にも対応しつつ、営業マンの商品知識を高める研修も継続し、より良い商品を迅速にご提供できる体制を整えています。
 —社会の変化に合わせた食品を豊富に扱っています。
 私が副理事長を務める全国病院用食材卸売業協同組合では、毎年約20品目のオリジナル商品を共同開発しています。中でも各地で自然災害が多発する昨今、病院や福祉施設からのニーズが高まっているのが、災害時の非常食。慢性腎臓病患者のためのタンパク調整食品や、摂食嚥下(えんげ)障害がある高齢者向けの「やわらか食品」といった要配慮者用の食品は、災害時に入手困難になると予想され、備蓄用として受注が伸びています。また保育園向けにエビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生の8品目を除去したノンアレルギー食品もご好評をいただいています。
 —希少なカリフォルニアワインを扱うショップも運営されています。
 2019年、倉敷市黒崎にカリフォルニアワインの店「カリフォルニア・ワイン・ボックス」をオープン。名門ワイナリー「リッジ・ヴィンヤーズ」の逸品をそろえる県内でも数少ない専門店として、愛好家の皆さまにご愛顧いただいています。新しい生活様式が定着しつつある中、自宅で過ごす方々や贈答用にぜひお選びください。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2021年4月1日付 山陽新聞朝刊別刷り特集に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ