プレミアム倶楽部

2021トップインタビュー




時代のニーズに合わせ進化
 —岡山理科大学は2022年4月に新学部を開設する予定ですね。
 情報理工学部と生命科学部を新設予定です。情報技術とライフサイエンスという大きな研究分野を軸に、これまで理大が培ってきた研究力を再編してスタートする予定です。情報理工学部は情報理工学科に、IT全般のスキルを身に付ける「コンピュータサイエンス」▽AIとデータ処理のスペシャリストを養成する「AI・データサイエンス」▽ゲーム作りを通して幅広くITを学ぶ「デジタルゲーム・メディア」▽ロボットの性能と頭脳を極める「AIロボティクス」▽機械に五感を与える「メカトロニクス」の5コースを予定しています。
 —デジタルゲームは話題を呼びそうですね。生命科学部ではどんな研究をされるのですか。
 生命科学部には生物科学科を置いて、生命の仕組みを解明する「バイオサイエンス」▽即戦力のバイオ技術者を養成する「生物生産」▽美と健康のスペシャリストを育てる「コスメ・食品」▽持続可能な社会の旗手を育てる「環境科学」▽再生医療を支える細胞培養技術者を養成する「医用生物学」の5コースで構成する予定です。さらに、同時に岡山キャンパスで学部の枠を超えて「自分だけのカリキュラム」がつくれる「アクティブラーナーズコース」も新設予定です。
 —恐竜研究や好適環境水など理大の話題は豊富です。
 恐竜研究では、A1号館のタルボサウルスのそばに新たに二つの恐竜の全身骨格がお目見えします。好適環境水で養殖したウナギなどは中元シーズンに、天満屋のほかに中国・四国地域の生協などでも販売していく計画です。
 —倉敷芸術科学大学では、高橋秀名誉教授が文化功労者に選ばれました。
 大変名誉なことです。芸科大では男子新体操の聖地を目指す井原市、井原高校と連携して選手を育成し、昨年度男子新体操同好会がスタートしました。本年度は、団体チームが組める予定です。また、千葉科学大学では、4月から危機管理学部の航空技術危機管理学科に航空マネジメントコースを設けます。ここでは、キャビンアテンダントやグランドスタッフ、航空管制官などを養成します。
 —グループに勢いを感じますね。
 加計学園は時代のニーズをいち早くつかみ、進化し続けます。今後ともよろしくお願いします。




クリックで企業、教育機関のウェブサイトを開きます
企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2021年4月1日付 山陽新聞朝刊別刷り特集に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ