エンターテイメントチャレンジプラスとは

マイスタイル(ポストメイト保育園)presents おかやま国際音楽祭2019エンターテイメントチャレンジプラスは岡山県内最大級のアマチュアミュージシャンのコンテストイベントです。

「マイスタイル(ポストメイト保育園)presents おかやま国際音楽祭2019エンターテイメントチャレンジプラス」は岡山の音楽シーンの盛り上げ、底上げを目的に最高の舞台で演奏を競い合うスペシャルコンテストです。作品を一般公募し、予備審査を通過したアーティストのデモ映像によるWEB人気投票も実施。順位に応じて決勝大会の審査点に加点します。 決勝大会ではエイベックス・エンタテイメント、徳間ジャパンコミュニケーションズなど音楽関係者を招待し、直接審査、グランプリを決定します。

主催:おかやま国際音楽祭事業運営委員会、山陽新聞社
共催:岡山市、おかやま国際音楽祭実行委員会、(公財)岡山市スポーツ・文化振興財団
特別協賛:株式会社マイスタイル(ポストメイト保育園)

2018年グランプリ

Makilele

一度聞いたら、心に残る 歌声 に 今、多くの人が虜になっている。
ウクレレの柔らかい音色とココチ良い歌声。
聴く人の心にスーッと広がる優しいハーモニーを響かせるマキレレ 2015年から音楽活動を始め、岡山県北部を中心にカフェ、イベントで演奏している。
おかやま国際音楽祭2018エンターテイメントチャレンジプラスにてグランプリを受賞。

2017年グランプリ

翼(つばさ)

ミュージカル女優 清水ゆき と、作曲家でありアカペラシンガーである 石橋元嗣 の音楽ユニット。
2017年3月結成。
オリジナル代表曲は 、静かで美しいバラード"つばさ"、そしてアップテンポで二人の掛け合いが見事な"繋げ 平和" の2曲。
清水の通る澄んだ歌声に、石橋のやわらかな声と美しいピアノのハーモニーが特徴的である。

2016年グランプリ

marco(マーコ)

おかやま国際音楽祭エンターテイメントチャレンジ2016でグランプリ受賞。
高校生よりピアノを始める。2011年 1st CDアルバム「牛窓デート」、2013年2nd 「メレンゲパーク」
2017年1月3rd albumとなる「Band Aid Blue バンドエイドブルー」を発売。
コットンのように優しく力強い歌声、風のように頬をなでるメロディー、弱くても挫けない言葉、自分を一番表現してくれる音楽をいつまでもいつまでも続けていたい。
ホームページ:https://marcoofficial.com

2015年グランプリ

Curtaincalls

2013年夏結成。 岡山を拠点とし、ゆるく、根強く活動中。 今年高3の夏、交通手段はバスと電車のみ使用し カートで機材と荷物を引きずり、大阪ツアーも成功させる。 2016年3月The 10th Music Revolution 大阪 FINAL STAGEにてグランプリ獲得。
Ba&Vo悠の独特な世界観によって描かれる曲に 突き刺さるような歌と、涙を誘うエモーショナルな颯のギターリフ、 力強く安定感のある健のドラム(たまにスティック回し炸裂)が特徴。
ホームページ:http://curtaincalls.jimdo.com

2014年グランプリ

ナカモトミズキ

岡山在住のシンガーソングライター。 おかやま国際音楽祭下石井3DAYSエンターテイメントチャレンジ2014グランプリ受賞。ソロ活動の他、歌・アコギでのライブサポートや、アコギ弾き語り科講師としても活動。「転がってる。なんてことない日常に特別な何か探す間に、大切なのって溢れてる。なーんて思ってはウタにして。」
ホームページ:https://nakamoto-mizuki.jimdo.com/

2013年グランプリ

佐野仁美

4歳でピアノ、5歳で合唱団、9歳でバレエを 始める。5歳から作詞作曲を始め、2011年からピアノ弾き語りシンガーソングラ イターとして関西を中心に活動を始め、各種コンテストで多数受賞。そのハイトーンボイスは少女のあどけなさと大人の女性の芯の強さをあわせ持ち 、聴く人を魅了する。

ホームページ:http://ameblo.jp/sanohitomi-musicchalleng/

2012年グランプリ

まる

ギター1本の演奏だけで景色や色、人物や動物、季節や心を表現するギタリスト。
彼のギターは、景色が広がり聴いている人の心をそっと包み込むような気持ちになる。

Facebookページ

2011年グランプリ

Twinkle

ギターボーカルの森原顕都とバイオリンボーカルの洲崎翔悟からなるアコースティックユニット。伸びやかな森原の歌声、そして力強い洲崎の歌声、そして2人の歌声を引き立てる煌びやかなバイオリンの旋律。地元岡山を中心に活躍中の2人組。


2010年グランプリ

会議42

ポップを軸にファンク、ラテン、ジャズ、ロックなど様々な要素を独自に融合したリズム豊かな音楽で魅了。
自分たちの音楽を通して、凝り固まった現代人の心を柔らかく揉みほぐす。
聞き手の人生の時間が少しでも豊かになることを目指す。
岡山科学技術専門学校のテレビCM曲に花鳥風月がタイアップされ、現在ONAIR中。


2009年グランプリ

Lu-na

ボーカルまゆのソロユニット。2007年に3人でLu-naを結成。OKAYAMAエンターテイメントチャレンジ2009でグランプリ受賞。2010年5月、4曲入りCDをタワーレコード岡山店、倉敷店にて発売。
岡山、倉敷を中心にライブ、イベント活動を行う。

ホームページ:http://webluna.net

2008年グランプリ

ボクん家

ボクん家は、大森健司さん(ボーカル、アコースティックギター)と、小野洋平さん(キーボード)の二組人。2008年4月に結成し、JR岡山駅周辺や同市北区表町などで路上ライブを重ねてきた。ピアノの音色が美しいバラードや、明るいポップスが持ち味の実力派。
CDも全国リリース。
県内ではタワーレコード岡山店と倉敷店にて販売。
『書けなかった詩』
01,書けなかった詩
02,甘いキャンディー
03,I remember you
04,書けなかった詩(インスト)

ホームページ:http://bokunchi.hughug-web.com

2007年グランプリ

ウォリ

ウォリは、名古屋で生まれ現在は関東在住のドイツと日本のハーフ。
洗足音楽大学パイプオルガン科卒業。
大学卒業後、アレンジ、伴奏、作曲等で仕事をする傍ら、シンガーソングライターとしても作品を作り始める。
全国でコンサートやメディア出演などの活動を行いながら関東でも六本木のBAR等で定期的にライブをする。
2009年3月には、宮崎県のホールで行われたライブのCD/DVDを発売。
自身の弾き歌い以外でもKONAMIの世界の市場で販売されているゲームソフト、dance dance revolution に楽曲を提供し、ボーカルも担当。
その他のソフトでも、ボーカルとしていくつかに参加したり、日本語ジェンダー学会の制作するDVDのBGM制作や、ホームページやPCソフトウェアへの楽曲提供、ローカルCMへの楽曲提供、古巣の名古屋少年少女合唱団のコンサートにシンセサイ ザーで共演したり、ドイツの著名な合唱団の伴奏者として日本ツアーに同行等活動は多岐に渡る。


Copyright (C) 2019 おかやま国際音楽祭実行委員会事務局 . All Rights Reserved.