main_title.png


医療・介護連携で安心生活を
 —医療から介護まで幅広い事業を展開されていますね。
 1962年、岡山市内でいち早く整形外科専門の診療所をJR岡山駅前に開設しました。現在の宮本整形外科病院(同市中区国富)は、その2年後にオープンし、87年からは内科診療も行っています。複合介護施設(同今谷)は、82年に特別養護老人ホームを開設したのを皮切りに、介護老人保健施設、ケアハウス、グループホームなどを次々併設。2015年には、病院近くにサービス付き高齢者向け住宅も整備しました。恵風会グループでは、手術が必要な方、また重度から軽度までの介護度に合わせた受け入れ体制が整っています。そこが一つの特徴だと考えています。
 —医療・介護の現状は。
 特養を開設したころは、まだ元気なお年寄りも多く、ホームでの生活を楽しもうという方もいました。しかし今は、動けない人、家で面倒を見られないケースも多くなっています。お年寄りが病気をすると運動能力も落ちてきます。また、ほとんどの方は合併症もあります。そういうお年寄りには医療と介護の両方が必要です。私たちは、医療と介護を連携し、入院・入所されたお年寄りはもちろん、そのご家族も安心した生活ができるよう支援していきたいと思っています。
 —地域とのつながりを大切にしておられますね。
 私どもの病院に入院される方は、地元の地域の方がほとんどです。脊椎など難しい手術は岡山大学病院など大規模病院と連携してお任せすることがありますが、その後のリハビリなどはこちらで行うことも多くなります。介護施設では、地域の方やご家族と平素からコミュニケーションをとるよう心がけています。毎年秋には、恵風祭を開催し模擬店や地域の学校、団体を招いての演奏会や舞踊などで、交流を図っています。また、福祉相談会なども門戸を広げて開催し喜ばれています。近く、災害時に避難していただけるよう町内会と防災協定を結ぶ予定です。
 —今後の展望などがあれば教えてください。
 介護施設は、操山山系の見晴らしのいい場所です。しかし、公共交通機関では若干不便なので、来所しやすいよう、一部施設の移転を考えています。また、看護師不足は深刻です。将来の外国人採用も視野に入れ、受け入れ体制を考えていきたいと思います。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ