main_title.png


お客様の未来考える建設企業
 —太陽光発電システムの施工・販売で知られます。現況はいかがですか。
 数年前はバブルのような状況で各業種からの参入が相次ぎました。その後は淘汰(とうた)が進みましたが、設計から施工まで一貫して仕事を進める当社は引き続き順調に受注をいただいております。10キロワット以上の施設では岡山県内の施工件数の約3割を占めるまでに成長してまいりました。電力会社の買い取り単価は以前より下がっていますが、それ以上に設置コストが下がっています。当社が主力にしている50キロワットクラスのシステムは7、8年の売電でコストが回収でき、遊休地の活用に十分魅力がある投資として多くのお客様が設置されています。
 —太陽光パネルを載せる架台のメーカーとして全国展開されています。
 架台はパネルの大きさ、厚さだけでなく設置場所などの条件によってすべて型が変わります。当社は経験を重ねる中から、さまざまな場所に造成工事をしなくても設置でき、しかも低価格のアルミ架台を開発し多くの特許を取得し、岡山市内に専用加工工場を設け、製品は全国で販売しています。現在「太陽光発電.com」というサイトを運営し、多くの引き合いをいただいています。架台事業は太陽光発電システムと並ぶ主要事業になっています。
 —一昨年からは住宅事業にも乗り出しましたね。
 アメリカの建築家で旧帝国ホテルを設計したことでも知られるフランク・ロイド・ライトの思想に基づく「オーガニックハウス」で、自然に溶け込み、落ち着きのある建物をご提案しています。流行に左右されない機能とデザインを併せ持つ「大人のビジネスクラス住宅」です。注文住宅として一件一件お客様をあっと驚かすような設計をお届けしております。岡山市北区撫川の住宅展示場・RSKハウジングプラザでぜひ一度ご覧ください。
 —新たに「未来型建設企業」をキャッチフレーズにされました。
 建設会社として常にどこよりも早く一歩先の技術を取り入れるという未来と、常にお客様の将来に役に立つという未来の二つの意味で付けました。太陽光発電事業や住宅事業を通じて、お客様の暮らしが豊かになり、未来が明るくなるようお手伝いをしていきたい。地球環境にやさしく、お客様の利益になり、当社の発展にもつながる—そうした「三方よし」を基本に事業を進めてまいります。



企画・制作/山陽新聞社広告本部
※2017年4月1日付 山陽新聞朝刊に掲載したものです。
※役職名や内容は原則取材時のものです。

>>山陽新聞プレミアム倶楽部トップへ